ペットにも常備薬を用意しています

我が家には、柴犬が1匹います。
もう12歳を超える老犬ですが、毎日の散歩を楽しみにし、食欲も旺盛で毛並みも良く、とても元気です。
しかし、少し胃腸が弱いようで、たまに便秘をしたり食欲がなかったりすることもあります。
そんな時には、犬用の常備薬を飲ませて様子をみることにしていますが、大抵の場合、それで元気になるようです。
薬局で買ったり、獣医さんに処方してもらう犬用の薬は結構バカにならない値段な事もありますが、ペットくすりで注文しているのでとても安く手に入れることができるのです。
私がペットくすりを知ったきっかけは、近所にいい獣医さんがいなくて困ったからでした。

 

うちの犬は、特に暑さが苦手らしく、夏になると体調を崩すことが多かったので、15分ほど歩いたところにある獣医さんにお世話になっていたのですが、転居されてしまい、犬の具合が悪そうな時にはどうしたらいいのか分からず、家族でおろおろすることもありました。
ペットくすりは、そんな食欲のないうちの犬が心配で、対策や食べやすいエサなどを検索していた時に見つけたのです。
最初はペット用の薬の通販サイトかと思ったのですが、よく調べてみると個人輸入代行サービスで、シンガポールから薬を輸入するということでした。
しかもジェネリック商品で、中にはほぼ半額というような薬もあります。
けれども、ペットとは言え大切な家族の一員に飲ませる薬ですから、安かろう悪かろうでは話になりません。
しかし、アメリカの厚生労働省にあたる食品医薬品局に認可され、WHOによる医薬品の製造、及び品質管理に関する国際基準にパスした商品のみ取り扱っているとのことだったので、一度利用してみることにしたのです。
ペットくすりのHPが見やすく整理された印象があったからかもしれません。
大丈夫だろうと思えたのです。

 

シンガポールから輸入するわけですから、日本国内の通販のように、翌日に届いたりということはありません。
1週間ほどかかりましたが、注文した薬はちゃんと届きました。
シンガポールでは、ペット用の薬はスーパーなどで手軽に買えるのだそうです。
獣医さんで処方してもらわなくても購入することができたら、とても便利ですよね。
日本ではなぜそうならないんだろうと考えてしまいました。
その時に購入したのは、腸内の環境を整えてくれるというものでした。
飲ませてみたところ便秘も治ったようで、食欲も戻ってきましたし、特に問題もなさそうでしたので、続けてフィラリアの薬と犬用シャンプーも取り寄せることにしたのです。
それからは、コンスタントに利用するようになりました。
品質が同じなら、安い方がいいに決まってますよね。
ただし、個人輸入による医薬品は、その個人の責任において使用することが条件です。
ペット用の薬も例外ではありません。
自分の家のペット用に個人輸入した薬を、お友達のペットに売るのはもちろん、無料で分けてあげてもいけないので気をつけましょう。